上野樹里、5・23発売「おなら体操」で“歌手デビュー”

4月18日8時2分配信 サンケイスポーツ


 女優、上野樹里(20)が昨秋、フジテレビ系主演ドラマ「のだめカンタービレ」の劇中でコミカルに歌い、話題を集めた「おなら体操」で“歌手デビュー”することが17日、分かった。放送終了後にもかかわらずCD化の要望が殺到したため、5月23日の発売が決定。久しぶりに“のだめ”になりきりレコーディングした上野は「人を楽しませる曲なので、とてもいい思い出になりました」と大喜びだ。

 ♪元気に出そう いい音だそう ドレミファプププ わ〜

 上野扮する“のだめ”がピアノでコミカルなリズムを奏でながら歌った、あの「おなら体操」がCD発売されることになった。

 原作コミックにも登場する同曲は、ドラマで映像化されるにあたり、原作者の漫画家、二ノ宮知子さんと、主人公・のだめのモデルとなったピアノ講師の野田恵さん、フジのドラマ制作班が共同作詞し、野田さんが作曲して完成した。

 上野は昨年11月放送の7、8話で同曲を歌っているが、そのシーンがオンエアされるや、視聴者から「踊りたくなる面白い曲」と評判を呼び、「CD化はされないの?」といった問い合わせが同局に殺到。ネットの掲示板ではCD化させようという運動が起きるほど話題になった。ドラマが終了した今年に入ってもその声が続いたため、エピックレコードから上野の歌でCD発売されることが決定した。

 2月下旬に都内のスタジオでレコーディングに臨んだ上野は「CD化はビックリしたけど、“のだめ”らしく楽しんで歌ってみよう」と約3カ月ぶりに“のだめ”に変身。ドラマのときのように身ぶり手ぶりを交えながら熱唱し、躍動感あふれる親しみやすい「おなら体操」が完成した。

 ドラマでは1番と3番しか歌われていなかったが、CDには未公開の2番も収録され完全バージョンに。上野は「こんな曲、一生に一度しか出会えない。とてもいい思い出になりました」と感激し、「すぐに“のだめ”に戻れてスムーズに歌えました」と自信作を強調した。音楽番組やライブ活動については「自分からはちょっと…。みなさんの気持ち次第かな」と控えめだが、ファンの後押しがあればステージに立つこともありそう。

 特典のDVD映像にはフジのドラマ制作班が演出、制作した子供たちによる振り付けが収録され、子供からお年寄りまで家族一緒に楽しめる内容に仕上がった。今夏、「おなら体操」が全国でプププと踊られ、一大ブームを巻き起こすかも!?
posted by コブク at 10:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。